2017年05月19日

‘香りの道’の花々

新緑が濃くなってきました。
葉に隠れて見えにくくなってきましたが、色々な花が見られます。
葉書の語源になった、タラヨウは小さな黄緑色の花をつけています。大きな葉っぱの裏に傷をつけるとあとで茶色く跡が浮き出るので、草木遊びでお手紙にしたりしますね。
P1220670.jpg
白いヤマボウシは小さい蕾の時から同じ形、まだまだこれから大きくなります。
              P1220675.jpg

高い場所のひあたりのいいところにハクウンボクの花がびっしりついてます。
       P1220684.jpg
ホオノキは終わりかけですが、まだ数輪見られます。日本の樹木の中で最も大きな花をつけます。
P1220677.jpg
ツクバネウツギは、ガクの形が羽根つきの羽根に似ているのでこの名があります
        P1220672.jpg

ゆっくり観察して回ると、意外な発見がありますよ。お楽しみください。
    
               
posted by 森林植物園スタッフ at 17:35 | TrackBack(0) | 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする