2018年04月12日

春のロックガーデン

4月も半ばに突入し、サクラもそろそろ終わりに向かっています。


ロックガーデンで見られる顔ぶれも少しずつ変わってきました。



変わった花を咲かせているのはユキモチソウです。


s-DSCF0297.jpg


まん中の部分が白い雪のような色で、オモチのような形をしていることから「雪餅草」と名付けられています。
他にも同じ仲間の「ウラシマソウ」や「ヒトヨシテンナンショウ」も開花直近です。



まとまって咲いているのはトキワイカリソウです。

s-DSCF0300.jpg  s-DSCF0302.jpg


花の形が船の錨(イカリ)に似ていることから「錨草」と呼ばれます。



釣鐘のような可愛らしい花を咲かせているのはバイモです。


s-DSCF0305.jpg


アミガサユリの別名もあります。
編み笠に形がよく似ていますね。


シラネアオイも一輪だけ開花しています。


s-DSCF0303.jpg

白根山で発見されたことからこの名前を付けられたそうです。
アオイとつきますが、キンポウゲ科の植物です。


オオバナノエンレイソウも凛々しく咲いています。

s-DSCF0311.jpg  s-DSCF0310.jpg


エンレイソウよりも花が大きく、こちらは白色です。



カンアオイの仲間のパンダカンアオイも咲きました。

s-DSCF0306.jpg

中国原産で大きな花を咲かせるカンアオイです。
色合いがパンダに似ていることから名付けらたそうです。


s-DSCF0312.jpg  s-DSCF0313.jpg


展示館前には苗圃で育てた植物たちも彩りを添えてくれています。
こちらも併せてお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 19:00| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする