2018年05月28日

最近の森林植物園

梅雨入り間近といったところでしょうか。

前回のブログに載せましたが、コアジサイが見頃を迎えています。
園内各所でご覧いただけます。

ツルアジサイやコガクウツギも開花しています。



前回ご紹介したカルミアも見られます。

180524 (20)カルミア.jpg  180524 (21)カルミア.jpg

可愛らしい花なので、是非ご覧ください。
ツボミも花も両方楽しめます。



オオヤマレンゲも見られます。
今日はツボミの状態しか撮れませんでしたが、、、

180524 (10)オオヤマレンゲ.jpg  180524 (9)オオヤマレンゲ.jpg

2005.5.27-2オオヤマレンゲP5270136.jpg

開花した写真は過去のものです。
ツツジ園の入口付近で見られます。



クロバナロウバイはウサギ園の近くで見られます。


180524 (77)クロバナロウバイ.jpg  180524 (79)クロバナロウバイ.jpg


春先に咲く「ロウバイ」とは属が異なり、クロバナロウバイ属です。

チョコレート色のかわいらしい花です。



その近くにはガマズミも咲いています。

180524 (72)ガマズミ.jpg  180524 (74)ガマズミ.jpg

果実酒に利用される赤い実がキレイですが、白い花も美しいですね。


今年はやはりアジサイの開花が早そうで、鉢植えのものはチラホラと開花し始めているものもあります。
見頃は例年より10日〜14日ほど早くなりそうです。

またお伝えいたします。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:23| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

最近の花々

暑い日が続いていますね。
街よりは少し涼しい森林植物園です。


今年は早くも園内各所でコガクウツギ、コアジサイが開花し始めました。

DSCF0690.jpg  DSCF0689.jpg


コガクウツギ

良い香りがします。
園内各所で見られますが、個人的にはツツジ・シャクナゲ園の奥の方に群生している場所が好きです。


DSCF0705.jpg  DSCF0704.jpg


コアジサイ

アジサイには珍しく装飾花(まわりにある大きな花)がありません。
こちらも良い香りがします。





ツルアジサイも開花しています。

DSCF0678.jpg  DSCF0699.jpg 
 
あじさい園のコナラに巻きついているものが10m近くあって見ごたえがあります。




ロックガーデンではサイハイランが開花しています。

DSCF0692.jpg  DSCF0693.jpg

采配(昔、戦場で武将とかが持っていたハタキみたいなヤツ)に形が似ていることから名付けられました。
ラン科の植物です。
香りがあり、ハチなどがよく集まります。



シアトルの森の近くや北米区ではカルミアが開花し始めています。
蕾はコンペイトウのようですが、花が開くと編み笠のような形をしています。


DSCF0700.jpg  DSCF0703.jpg
DSCF0702.jpg  DSCF0701.jpg


可愛らしい花ですね。
ツツジ科の植物です。




明日は本園のアイドル、ニホンカモシカの「サツキちゃん」の3歳の誕生日です!!
残念ながら休園日ですが。

DSCF2759.jpg  DSCF2757.jpg

明日以降、カモシカ園に立ち寄られた方は「おめでとう!!」と声を掛けてあげてください。
喜びます。

たぶん。

posted by 森林植物園スタッフ at 17:52| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

いずれあやめかかきつばた

気温の高い日が続いていますね。

森林植物園でも最高気温が25℃を超え始めました。



長谷池の周りではカキツバタ(杜若)が青紫色や白色の綺麗な花を咲かせています。


180517 (2).jpg  180517 (1).jpg


カキツバタは「ショウブ」「アヤメ」とよく似ています。
「菖蒲」と書いて「アヤメ」とも「ショウブ」とも読みますし。

3種類ともよく似た植物です。すべてアヤメ科アヤメ属の植物です。

見分けづらい植物たちですが、カキツバタは湿地に生育し、アヤメは乾いた土地に生育しています。
しかし、ショウブは湿地と乾いた土地の両方に生育しています。
他にも背丈や花の大きさ、葉など違いはありますが、なかなか難しいです。


やはり見分けづらいですね。


一番わかりやすい見分けるポイントは花弁の付け根です。

・ショウブの花弁の付け根は黄色い模様
・アヤメは網目模様
・カキツバタが白色の模様


これが一番わかりやすいポイントです。



ちなみにタイトルの「いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)」は、両方とも良くて選ぶのが難しいことの例えだそうです。





セイヨウシャクナゲもまだみられます。


180517 (7).jpg  180517 (5).jpg

180517 (14).jpg  180517 (18).jpg




日本のシャクナゲとはまた違った色合いで目を楽しませてくれます。


今年は色々な植物が例年より早く開花しています。

アジサイも例年よりツボミが大きくなっているように思います。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:42| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

愛鳥週間

バードウィークフェスティバル-2.jpg



毎年5月10日〜16日までの1週間は「バードウィーク(愛鳥週間)」とされています。

野鳥の生態などを知り、それを取り巻く環境等、自然保護の意識を広めていくための1週間です。





今年度は、森林植物園でも「日本野鳥の会ひょうご」とともに「バードウィークフェスティバル」を開催します!!

野鳥の写真展示の他、野鳥に関するクイズやゲーム・クラフト・観察会も行います。



くわしくは→こちら


DSCF0579.jpg DSCF0578.jpg

DSCF0577.jpg DSCF0576.jpg




新緑の眩しい森林植物園に是非お越しくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:22| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

黄金週間

ゴールデンウィークも後半に突入しましたね。

森林植物園では色々な春の花々が開花しています。




リガの森ではフジ(藤)が綺麗に咲いています。


180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (5).jpg  180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (3).jpg
180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (4).jpg  180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (2).jpg



フジは公園などで休憩所の屋根に這わせているのを見かけることがありますが、こちらのフジは野生味たっぷりで自由に生育しています。

フジには右巻きと左巻きのものがあります。(上から見て)

右巻きがノダフジ、左巻がヤマフジといわれます。リガの森にあるのはノダフジです。





園内の所々でアジサイの仲間のコガクウツギが咲き始めています。


180503コガクウツギ (1).jpg


ガクウツギよりもガク(装飾花)が小さいことが名前の由来です。





オオデマリは長谷池の近くで見られます。


180503オオデマリ (6).jpg  180503オオデマリ (2).jpg


テマリ咲きのアジサイによく似ていますが、レンプクソウ科に分類される植物です。



カルミアは開花まであと少し、といったところです。


180503カルミアつぼみ色づく (1).jpg  180503カルミアつぼみ色づく (3).jpg

コンペイトウのようなツボミを楽しめます。




シアトルの森などではダイセキナン、セイヨウシャクナゲが見られます。

ダイセキナン

180503ダイセキナン (4).jpg  180503ダイセキナン (2).jpg



セイヨウシャクナゲ

180503セイヨウシャクナゲ (2).jpg  180503セイヨウシャクナゲ (3).jpg


日本のシャクナゲとはまた違って、見ごたえがありますね。




最初の方はゴールデンウィークはあまりいい天気予報ではなかったですが、どうやらそこまで悪くならないようですね。

青空の下、森林散策をお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:08| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする