2015年09月04日

成長しています。カエルのこども。

9月になりました。
夏の暑さもひと段落、朝晩の涼しくなり秋の気配を感じます。

園内もハギの花が咲いたり、ススキの穂が上がってきたり…
「カナカナ♪」ヒグラシから、
「ガチャガチャ♪」クツワムシや「リィリィ♪」コオロギなど
鳴く虫の音が変わってきていて、より秋を感じる岡本です。

みなさんは何で秋を感じられますでしょうか?
温度?音?食べ物?

9月もいろいろと秋を感じるイベント盛りだくさんです。
HPのイベント情報もチェックしてみてくださいね。


季節の移り変わりで時間を感じるのですが、
植物や動物の成長でも時間の流れを感じます。

今年7月、園路に生まれたモリアオガエルの卵(卵塊)を保護し
展示館にて孵化したカエルさんの子どもたち。

otama (3).jpg

すくすくと大きくなってくる“おたまじゃくし”

ついに足が出てきました!!

otama (2).jpg

まだ、3~4匹というところでしょうか。
ちょろん…とついた足が何とも可愛らしいですが、
もうすぐ足になるというのが目でも確認できるくらい
大きくなってきました。

otama (4).jpg

さて、そんな彼らのごはんです。
森林植物園のカエル博士、清水カエル先生から聞いて
ホウレンソウなど野菜をあげているのですが
いったい何がお好みなのやら?

otama (1).jpg

ここにはシシトウ、キャベツ、ゴーヤを入れて観察。

人気なのがシシトウ。
個人的にも大好きなのですが…おたまじゃくしも好きなのですね。

otama (5).jpg

でも意外とゴーヤもお好きなようでして、
固い食物繊維と薄く固い表皮のみを残すくらいで
すべて食べつくしてしまいます。

ゴーヤに限らず、結構なんでも好き嫌いなく食べてますね。


このおたまじゃくしたちも足が生えて上陸したら
展示館前の滝池から園内へと旅立ってもらおうと思います。

もうしばらくは展示館にいらっしゃいますので
見てみてくださいね。





ラベル:生き物
posted by 森林植物園スタッフ at 21:29 | TrackBack(0) | 生き物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。