2016年01月25日

ひょっこり

寒い日が続きますが、毎日光が輝くいいお天気ですね!

春をまちわびる植物たちも、光にさそわれてひょっこり顔をのぞかせています。
DSCN0622.JPG
フクジュソウの蕾が少しだけ開き始めました。

フクジュソウAdonis remosa
キンポウゲ科の多年草で、毎年花を咲かせます。
地面から出ているのは花茎です。先端に直径3cmほどの黄金色の花を真上を向いてつけます。
旧暦の正月(元日)頃に咲くので、別名 元日草 ともよばれます。

満開まではまだもう少し。
DSCN0632.JPG
場所は、カフェルピック休憩所裏のロックガーデンにございます。

DSCN0627.JPG

DSCN0613.JPG
セツブンソウやユキワリイチゲも蕾をつけています。
合わせて観察を楽しんでみてくださいね。

先日、このフクジュソウのつぼみの膨らみを見つけて、顔を輝かせて喜ばれているお客様に出会いました。
植物たちがやさしく教えてくれる季節の移ろい。
あなたもフクジュソウたちと一緒に、春を待つ楽しみにふけってみませんか?


(さとう)



posted by 森林植物園スタッフ at 10:12 | TrackBack(0) | 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。