2016年02月03日

豆まき豆年

本日2月3日は節分。

みなさま、恵方巻と豆まきの準備は万端ですか?

2016年は「国際豆年」

マメ科の植物の一部には、根に根粒菌(こんりゅうきん)が共生していて、空気中の窒素を養分として取り込む能力(窒素固定)をもつので、やせ地でもよく育ちます。土壌を豊かにする効果があると知られていますよね。
今日はマメにちなんで、園内のマメ科の植物をご紹介します。


フサアカシア Acacia dealbata
DSCN0243.JPG
マメ科アカシア属の常緑高木です。
花は、2月から4月に黄色い花を咲かせます。写真はまだ蕾ですね。
マメ科の植物は羽状複葉が多いのですが、フサアカシアは2回偶数羽状複葉で、遠くから見るとフワフワと葉が青白く見えてきれいです。
ブリスベンの森にあります。

つづいて、
今まさに豆の形の果実が鈴なりになっています、
ハナズオウ Cercis chinensis 
DSCN0239.JPG
マメ科ハナズオウ属の落葉低木です。
花は4月。鮮やかな赤紫色で、枝にびっしりとついて見応えがあります。
葉は、かわいいハートの形です。春になったら合わせてチェックしたいですね。
天津の森にあります。

今、お花が楽しめるフサアカシアと豆形の実がいっぱいのハナズオウ。
冬の森で輝く黄色の花々は、いっそう際立って心をひきつけられます。
お天気のいい日は、ほおをなでる風も心地よく、森歩きで幸せな気持ちになれますね。
みなさまも寒さにこもらず、どうぞお出かけください。

(さとう)




posted by 森林植物園スタッフ at 14:06 | TrackBack(0) | 植物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。