2016年05月23日

カルミア・西洋シャクナゲが咲いています

ほんのりピンクの花をつけるカルミアが咲き始めました
DSCN1875.JPG
ツツジ科カルミア属の常緑低木で、5〜6月に咲きます。

これはカルミアのつぼみです。
あなたは何にみえますか?
DSCN1873.JPG
つぼみの形がお星さまのようにも、甘〜いお菓子のこんぺいとうのようにも見えますね〜

こんなかわいいカルミアが持つ面白い仕組みをご紹介します。
カルミア.jpg
カルミアのおしべの先(やく)は花弁のくぼみに収まっています。(@)そこへ蜜を求めて虫などがやってくると、この雄しべがびゅん!っと飛び出して(A)、直接虫などのからだに花粉をくっつけます。
カルミアは虫たちに効率的に花粉を運んでもらうすごい仕組みを持った植物なのです

DSCN1881.JPG
となりで咲く西洋シャクナゲ(ツツジ科)も見頃を迎えていますよ。
DSCN1882.JPG
カルミアと西洋シャクナゲの場所はこちら↓
20160523102404510_0001.jpg
カルミアは、北アメリカ区の入口とシアトルの森へ向かう園路でみることができます。
西洋シャクナゲは、北アメリカ区にあります。シアトルの森には、西洋シャクナゲの一種であるダイセキナンがあります。

5月の森を彩る、ツツジ科の花たちをどうぞお楽しみください。

(さとう)


posted by 森林植物園スタッフ at 11:17 | TrackBack(0) | おすすめルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。