2017年02月03日

セツブンソウ(節分草)が開花

今日(2/3)は節分ですね。
節分と言えば、豆まき、いわし、恵方巻き、そして、植物関係ではヒイラギ(柊)を連想される方が多いと思います。
当園では今日、この日を待っていたかのようにセツブンソウ(節分草)が開花しました。

IMG_1827a.jpg

節分の時期に開花するのでこの名前が付けられました。当園では通常はもう少しあとに開花するのですが、今年は開花が早いです。やはり、この冬は植物にとっても暖かいのでしょうね。
このセツブンソウをはじめ、春の短い期間に姿を現して、花を咲かせ、地上から消えていく植物を総称して「スプリングエフェメラル(春の妖精)」と素敵な名前で呼ばれています。
正月飾りの寄せ植えに使われるフクジュソウ(福寿草)もその一つです。

IMG_2873.jpg

開花間近のユキワリイチゲ(雪割一華)。

IMG_2929.jpg

これから春の妖精たちでにぎやかになるロックガーデンで、早春の息吹きを感じてください。

今、ロックガーデンで開花中の清楚なバイカオウレン(梅花黄連)もご覧くださいね。

IMG_1810.jpg
posted by 森林植物園スタッフ at 12:06 | TrackBack(0) | 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック