2018年04月20日

下を向いて歩こう!!

すっかり春の陽気となりました。

明日、21日からは「新緑つつじ・しゃくなげ散策」が始まります。
今年はシャクナゲの開花が早く、すでに見ごろを迎えているものもあります。

「森の売店」がリニューアルし、リニューアルオープンのイベントもあります。
詳しくはホームページをご覧ください。

来ていただいた方に先着50名でソフトクリームのプレゼントもありますので皆様ぜひお越しくださいね。



ツツジ・シャクナゲなど、目立つ花に目をとられがちですが、実は何気なく歩いている園路の淵にも可愛らしい花がたくさん咲いています。



まずは「ヒメオドリコソウ」
園内の様々な場所に生えています。
花がまるで踊り子が踊っているように見えますね。

s-ヒメオドリコソウ (3).jpg  s-ヒメオドリコソウ (2).jpg


s-ヒメオドリコソウ(斑入り) (2).jpg  s-ヒメオドリコソウ(斑入り) (3).jpg


かなり珍しい斑入りのものも見つけました。




次は「ホトケノザ」

パッと見はヒメオドリコソウとそっくりです。

s-ホトケノザ.jpg  s-ホトケノザ (2).jpg  


春の七草に「ホトケノザ」とありますが、これは本種のことではありません。
春の七草と言われるのは「コオニタビラコ」です。

ホトケノザは食べられませんのでご注意ください。




「ノヂシャ」もたくさん生えています。
チシャ(レタス)とは近縁ではありません。

s-ノヂシャ (5).jpg  s-ノヂシャ (2).jpg

s-ノヂシャ (4).jpg  s-ノヂシャ.jpg

しかし、食べられます。
ヨーロッパでは若葉をサラダなどにして食べるそうです。
可愛らしい花ですね。



「キュウリグサ」もよく見られます。

s-キュウリグサ.jpg

葉を揉むとキュウリのような香りがします。
別名は「タビラコ」ですが春の七草の「コオニタビラコ」とは関係ありません。





今日の写真の草たちは駐車場から展示館までの50mくらいの間で見られます。

ぜひ、木々たちだけでなく足元も少し気にしながら歩いてみてくださいね。

まだまだ園内にはたくさんの草が生えているので徐々にご紹介していこうと思います。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:01| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする