2018年06月21日

ご長寿ニホンカモシカ お祝い♪

おめでとう!マヤさん!

P6216119.jpg

ニホンカモシカ マヤ
本日、めでたく27歳を迎えられました。


P6216093.jpg



日本国内で飼育されている現存ニホンカモシカ55頭のうち(2017年現在)
最高齢なのです。

優しい性格のマヤさんは
いつもおっとりと穏やかな生活を営まれています。

P6216162.jpg

カモシカ園舎内では奥のエリアにいらっしゃるので、
なかなか姿を見ることができませんが…

枝(餌)の置き場を見やすい位置にも設置したので
11時前後のごはんタイムでしたらお会いできる可能性が高くなります。


その他のメンバーは…というと…

●カモンくん

P6216171.jpg

あちこち行き来していてカメラに納めさせてくれませんでした。


●サツキ

P6216095.jpg

フェンス越しにマヤさんエリアの様子をうかがっていました。
相変わらずの彼女です。


●飼育班

P6216105.jpg

警戒されないようにいつも通り…を装いながら
企画実行に取り組みました。



週末6月23日(土)、24日(日) カモシカ観察会を行います。

みんなでマヤさんのご長寿を祝いながら
ニホンカモシカたちの生態や個性豊かな性格など
いろいろとお話いたします。

 イベント紹介ページ

あじさい散策とともに、カモシカについてもウォッチング!



マヤさんにとっては違和感の1日であったことでしょう。

P6216151.jpg

大好きなヌルデ(ウルシの仲間)で許してくれるかな?

posted by 森林植物園スタッフ at 19:55| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あじさい見頃です!!

雨をたくさんもらい、アジサイ達は活々としています。


あじさい坂のヒメアジサイもかなり色づいています!
現在見頃です。

180619 (3)ヒメアジサイあじさい坂.jpg  180619 (10)ヒメアジサイあじさい坂.jpg

180619 (7)ヒメアジサイあじさい坂.jpg  180619 (2)ヒメアジサイあじさい坂.jpg




あじさい園でも様々なアジサイが見頃を迎えています。

「アマチャ」もその一つです。

180619 (17)アマチャ.jpg  180619 (18)アマチャ.jpg


基本的にアジサイの仲間には毒があります。
毒といっても触るくらいは大丈夫で、食べると下痢、嘔吐などが起こることがあります。

しかし「アマチャ」は葉に甘み成分があり、発酵・乾燥させてそれをお湯などで抽出すると甘茶(あまちゃ)ができます。
名前の通りお茶として飲むことができます。
飲みすぎたために中毒症状が起きた例もあるようなので、適量がいいようです。

整った花形をしていて、美しいですね。



シアトルの森や西洋あじさい園では「カシワバアジサイ」が見られます。
写真はシアトルの森の八重咲きの品種です。


180619 (50)ヤエカシワバアジサイ.jpg  180619 (52)ヤエカシワバアジサイ.jpg


カシワバアジサイは他のアジサイのようなテマリ咲き・ガク咲きとは違い「ピラミッド咲き」や「塔花(とうばな)」と呼ばれる円錐形の花房をつける北米原産のアジサイです。

白い花もキレイですが、秋には葉が赤く紅葉しこれもまたキレイです。
アカガシワ(レッドオーク)に葉の形が似ていることからこの名前がつけられました。




アナベルも見頃です。

アナベル.jpg  アナベル3.jpg


アナベルの花は最初は緑色ですが、だんだんと白色になり、また終わりには緑色に戻ります。
現在、緑色の花はこれから白くなっていきます。


普通、アジサイは伸び始めて2年目の枝に花をつけますが、アナベルは伸び始めた年の枝に花を付けます。
春先の芽が出る前に株元近くまで切り戻すことで低い丈で花を咲かせることができます。


多目的広場外周路でご覧になれます。
北苗畑のアジサイも美しいので、是非通り抜けて行ってみてください。




今年はアジサイも含め花々の開花が全体的に早めです。
天候や気温にもよりますが、現在〜6月末頃までが全体として一番の見頃となりそうです。
posted by 森林植物園スタッフ at 13:31| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

色々あじさい

あじさい散策期間まであと2日となりました。

今年は少し開花が早めです。
すでに様々なアジサイが咲きはじめています。


メインのあじさい坂のヒメアジサイは現在3〜4割程度の色づき具合です。


180611ヒメアジサイ (1).jpg  180611ヒメアジサイ (4).jpg

日に日に美しく色づいていきます。



シチダンカにクロヒメもまだまだ美しく咲いています。

180611シチダンカ (1).jpg  180607 (10)クロヒメ.jpg


アジサイではなくバラ科の植物ですが「シモツケ」も可愛らしい花を咲かせています。

180605 (3)シモツケ.jpg  180605 (4)シモツケ.jpg

駐車場付近、メタセコイア並木の近くで満開です。




アジサイの散策路からは外れますが、ブリスベーンの森では「ブラシノキ」の花が見られます。


180607 (126)ブラシノキ.jpg  180607 (124)ブラシノキ.jpg

名前の通り、細長いグラスなどを洗う時に使うブラシに似ています。




他にも様々なアジサイたちが日々色づいてきています。

180605 (28)プリマ.jpg  180605 (20)イヨノサカズキ.jpg

180605 (12)イヨテマリ.jpg  180605 (24)ヴィブレイ.jpg

180605 (30)クレナイニシキ.jpg  180605 (37)ミヤマヤエムラサキ.jpg



プリマ、イヨノサカヅキ、イヨテマリ、ヴィブレイ、クレナイニシキ、ミヤマヤエムラサキ


プリマ、ヴィブレイは西洋あじさい園で。
その他はあじさい園で見られます。

どの花も美しく愛らしいですね。


梅雨入りして、すっきりしないお天気が多いですが、アジサイ達は元気に咲いています。

皆さまのお越しをお待ちしております。
posted by 森林植物園スタッフ at 21:24| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

早咲きのアジサイたち

近畿地方もついに梅雨入りしましたね。

これからはジメジメシトシトと嫌な時期が続きます、、、、、が!!

アジサイが見頃を迎える時期でもあります!!

これからどんどんと様々なアジサイが見頃を迎えていきます。




現在見頃を迎えている「シチダンカ」というあじさい


シチダンカ2.jpg  シチダンカ.jpg

「幻のあじさい」と言われています。
漢字で書くと「七段花」となります。

江戸時代にシーボルトというドイツ人が『日本植物誌』という本に精細な絵を載せていましたが、なぜかそれ以降は見られることはありませんでした。
その後、約130年の時を経て、六甲山で再発見されました。現在見られる株はこの株から挿木で増やしたものです。
両性花(中心の小さな花)は早くに散ってしまいますが、小さな星のように見える装飾花(外側の大きな花)は長く楽しめます。
あじさい園の奥側で見られます。





こちらは「ミヤマヤエムラサキ」です。

ミヤマヤエ.jpg

漢字では「深山八重紫」と書きます。
発見された当初はこちらも「シチダンカ」と名付けられたそうですが、後に改名されてミヤマヤエムラサキと呼ばれています。
こちらもあじさい園で見られます。


「クロヒメアジサイ」も見頃です。

DSCF0769.jpg  DSCF0768.jpg

日本のアジサイの中で一番早く色づき始めると言われています。
名前は江戸時代頃には濃い紫色のことを「クロ」と呼んでいたことに由来するそうです。
新しい枝や花の色が濃い紫色になります。
あじさい園の他、多目的広場外周路の西洋あじさいえん側でも見られます。



「ベニガク」も咲いています。

DSCF0770.jpg DSCF0771.jpg 


現在は白色ですが、日が経つにつれて名前の通りの紅色へと移り変わります。
花弁の大きな鋸歯(ギザギザ)が可愛らしいですね。
あじさい園で見られます。






そして、今年もまるで梅雨入りに合わせたかのようなタイミングでモリアオガエルの卵塊が産み付けられました。

DSCF0751.jpg  DSCF0754.jpg

滝池や沢の池で確認されています。

1週間ほどでこのワタアメのような卵塊からオタマジャクシが出てきます。




あじさい坂のヒメアジサイはまだ2割程度の色づき具合です。

DSCF0776.jpg  DSCF0778.jpg


DSCF0775.jpg  DSCF0772.jpg


天候や気温によるところが大きいので確定的なことは言えませんが、6月20〜末日にかけてが一番の見ごろとなりそうです。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:57| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

今年の一番たまご!

あじさいが咲き始め、
しとしと雨が降り始めたらやってきます!

2018年 モリアオガエルの一番たまごが出てきました。

今年は沢の池のふちの石に産んでいます。

P6045443.JPG


どこかわかりますか???

こんなところです。

P6045441.JPG


いつもだと木の枝などについているのですが、
今年は池のふちでした。

今夜から暖かい雨降りなので
たまごが続々と増えていくでしょう。

また、沢の池では成人ならぬ成蛙ブーム。

P6045431.JPG

この黒いつやつやしたものは…

そうです。

オタマジャクシから大人になったヒキガエルたちです。

手に乗せるとこんな感じ。

P6045440.JPG


この冬はとっても厳しかったので、
一気に産卵を迎えたこともあり、
一気にオタマジャクシから大人になられたようです。

際にはびっしりと。

こんなことはめったとありませんので、
勇気を振り絞って会いに行ってみてください。

小さいながらもしっかりとカエルです。


posted by 森林植物園スタッフ at 22:13| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

最近の森林植物園

梅雨入り間近といったところでしょうか。

前回のブログに載せましたが、コアジサイが見頃を迎えています。
園内各所でご覧いただけます。

ツルアジサイやコガクウツギも開花しています。



前回ご紹介したカルミアも見られます。

180524 (20)カルミア.jpg  180524 (21)カルミア.jpg

可愛らしい花なので、是非ご覧ください。
ツボミも花も両方楽しめます。



オオヤマレンゲも見られます。
今日はツボミの状態しか撮れませんでしたが、、、

180524 (10)オオヤマレンゲ.jpg  180524 (9)オオヤマレンゲ.jpg

2005.5.27-2オオヤマレンゲP5270136.jpg

開花した写真は過去のものです。
ツツジ園の入口付近で見られます。



クロバナロウバイはウサギ園の近くで見られます。


180524 (77)クロバナロウバイ.jpg  180524 (79)クロバナロウバイ.jpg


春先に咲く「ロウバイ」とは属が異なり、クロバナロウバイ属です。

チョコレート色のかわいらしい花です。



その近くにはガマズミも咲いています。

180524 (72)ガマズミ.jpg  180524 (74)ガマズミ.jpg

果実酒に利用される赤い実がキレイですが、白い花も美しいですね。


今年はやはりアジサイの開花が早そうで、鉢植えのものはチラホラと開花し始めているものもあります。
見頃は例年より10日〜14日ほど早くなりそうです。

またお伝えいたします。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:23| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

最近の花々

暑い日が続いていますね。
街よりは少し涼しい森林植物園です。


今年は早くも園内各所でコガクウツギ、コアジサイが開花し始めました。

DSCF0690.jpg  DSCF0689.jpg


コガクウツギ

良い香りがします。
園内各所で見られますが、個人的にはツツジ・シャクナゲ園の奥の方に群生している場所が好きです。


DSCF0705.jpg  DSCF0704.jpg


コアジサイ

アジサイには珍しく装飾花(まわりにある大きな花)がありません。
こちらも良い香りがします。





ツルアジサイも開花しています。

DSCF0678.jpg  DSCF0699.jpg 
 
あじさい園のコナラに巻きついているものが10m近くあって見ごたえがあります。




ロックガーデンではサイハイランが開花しています。

DSCF0692.jpg  DSCF0693.jpg

采配(昔、戦場で武将とかが持っていたハタキみたいなヤツ)に形が似ていることから名付けられました。
ラン科の植物です。
香りがあり、ハチなどがよく集まります。



シアトルの森の近くや北米区ではカルミアが開花し始めています。
蕾はコンペイトウのようですが、花が開くと編み笠のような形をしています。


DSCF0700.jpg  DSCF0703.jpg
DSCF0702.jpg  DSCF0701.jpg


可愛らしい花ですね。
ツツジ科の植物です。




明日は本園のアイドル、ニホンカモシカの「サツキちゃん」の3歳の誕生日です!!
残念ながら休園日ですが。

DSCF2759.jpg  DSCF2757.jpg

明日以降、カモシカ園に立ち寄られた方は「おめでとう!!」と声を掛けてあげてください。
喜びます。

たぶん。

posted by 森林植物園スタッフ at 17:52| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

いずれあやめかかきつばた

気温の高い日が続いていますね。

森林植物園でも最高気温が25℃を超え始めました。



長谷池の周りではカキツバタ(杜若)が青紫色や白色の綺麗な花を咲かせています。


180517 (2).jpg  180517 (1).jpg


カキツバタは「ショウブ」「アヤメ」とよく似ています。
「菖蒲」と書いて「アヤメ」とも「ショウブ」とも読みますし。

3種類ともよく似た植物です。すべてアヤメ科アヤメ属の植物です。

見分けづらい植物たちですが、カキツバタは湿地に生育し、アヤメは乾いた土地に生育しています。
しかし、ショウブは湿地と乾いた土地の両方に生育しています。
他にも背丈や花の大きさ、葉など違いはありますが、なかなか難しいです。


やはり見分けづらいですね。


一番わかりやすい見分けるポイントは花弁の付け根です。

・ショウブの花弁の付け根は黄色い模様
・アヤメは網目模様
・カキツバタが白色の模様


これが一番わかりやすいポイントです。



ちなみにタイトルの「いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)」は、両方とも良くて選ぶのが難しいことの例えだそうです。





セイヨウシャクナゲもまだみられます。


180517 (7).jpg  180517 (5).jpg

180517 (14).jpg  180517 (18).jpg




日本のシャクナゲとはまた違った色合いで目を楽しませてくれます。


今年は色々な植物が例年より早く開花しています。

アジサイも例年よりツボミが大きくなっているように思います。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:42| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

愛鳥週間

バードウィークフェスティバル-2.jpg



毎年5月10日〜16日までの1週間は「バードウィーク(愛鳥週間)」とされています。

野鳥の生態などを知り、それを取り巻く環境等、自然保護の意識を広めていくための1週間です。





今年度は、森林植物園でも「日本野鳥の会ひょうご」とともに「バードウィークフェスティバル」を開催します!!

野鳥の写真展示の他、野鳥に関するクイズやゲーム・クラフト・観察会も行います。



くわしくは→こちら


DSCF0579.jpg DSCF0578.jpg

DSCF0577.jpg DSCF0576.jpg




新緑の眩しい森林植物園に是非お越しくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:22| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

黄金週間

ゴールデンウィークも後半に突入しましたね。

森林植物園では色々な春の花々が開花しています。




リガの森ではフジ(藤)が綺麗に咲いています。


180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (5).jpg  180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (3).jpg
180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (4).jpg  180503 フジ(ノダフジ)リガの森 (2).jpg



フジは公園などで休憩所の屋根に這わせているのを見かけることがありますが、こちらのフジは野生味たっぷりで自由に生育しています。

フジには右巻きと左巻きのものがあります。(上から見て)

右巻きがノダフジ、左巻がヤマフジといわれます。リガの森にあるのはノダフジです。





園内の所々でアジサイの仲間のコガクウツギが咲き始めています。


180503コガクウツギ (1).jpg


ガクウツギよりもガク(装飾花)が小さいことが名前の由来です。





オオデマリは長谷池の近くで見られます。


180503オオデマリ (6).jpg  180503オオデマリ (2).jpg


テマリ咲きのアジサイによく似ていますが、レンプクソウ科に分類される植物です。



カルミアは開花まであと少し、といったところです。


180503カルミアつぼみ色づく (1).jpg  180503カルミアつぼみ色づく (3).jpg

コンペイトウのようなツボミを楽しめます。




シアトルの森などではダイセキナン、セイヨウシャクナゲが見られます。

ダイセキナン

180503ダイセキナン (4).jpg  180503ダイセキナン (2).jpg



セイヨウシャクナゲ

180503セイヨウシャクナゲ (2).jpg  180503セイヨウシャクナゲ (3).jpg


日本のシャクナゲとはまた違って、見ごたえがありますね。




最初の方はゴールデンウィークはあまりいい天気予報ではなかったですが、どうやらそこまで悪くならないようですね。

青空の下、森林散策をお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:08| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

下を向いて歩こう!! Vol.3

ゴールデンウィークに突入しましたね!
森林植物園は「つつじ・しゃくなげ散策期間」開催中のため、無休で開園しております。
是非美しく咲くツツジ・シャクナゲたちに会いに来てください!!

園内はすっかり春景色で、数々の花々が咲き誇っています。




本日は園内を歩いていると「ハルゼミ」の鳴き声が聞こえてきました。

セミと言えば夏といったイメージがありますが、ハルゼミは名前の通り春に成虫が出現します。

松林を中心に生息しているこのセミは、声こそ聞こえますが、小さく、黒色をしており、しかも高い枝に止まっていることが多いため見つけるのは意外と難しいです。

DSCF0553.jpg  DSCF0556.jpg


写真は標本です。

都心部ではみられないセミなので、森林植物園に来た際はその鳴き声を楽しんでください。






さて、園内の足元で見られる植物をご紹介します。


これは「カキドオシ」という植物です。

カキドオシ (3).jpg カキドオシ (2).jpg
  
園内の色々なところで見られます。

垣根も越えていくほどよく伸びることからこの名前がついたそうです。

本当に余談ですが、自宅にカキドオシ茶があります。おいしいです。



次は「ムラサキサギゴケ」です。ただ単に「サギゴケ」とも呼ばれます。

サギゴケ (3).jpg  サギゴケ (4).jpg

園内随所で見られます。

鳥のサギに似ているためにこの名がつけられたようですが、どうでしょう?似ているでしょうか?




次の紫の花は「キランソウ」です。

キランソウ(ジゴクノカマノフタ) (3).jpg キランソウ(ジゴクノカマノフタ) (4).jpg


別名を「ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)」と言います。
こちらも園内の色々なところで見られます。

なんとも怖そうな名前ですが、地面にへばりつくように生える姿や、薬ととして利用され「地獄の釜にフタをしてしまうほど病気がよく治る」というようなことから名づけられたようです。

ただ、薬としての効用は民間療法の域を出ないようです。




ゴールデンウィーク後半はあまり天気が優れない予報ですね。
予報が外れ、良い天気になったらいいなーと思います。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:19| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

下を向いて歩こう!! Vol.2

ツツジ・シャクナゲは美しく、どんどん開花していっています。

天津の森ではハンカチノキが開花しています。
ツツジ・シャクナゲ園にもありますが、背が高いので花を観察するなら天津の森がオススメです。

s-180422ハンカチノキ花 (4).jpg  s-180425ハンカチノキ天津 (1).jpg





園路沿いなどでみられる植物第2弾


駐車場の植え込みでみつけました。

「オランダミミナグサ」です。
名前の通りヨーロッパ原産です。

s-オランダミミナグサ.jpg  s-オランダミミナグサ (2).jpg


こちらは「コハコベ」
オランダミミナグサとよく似ていますが、花びらの先端が裂けていません。
どこでもよく見られます。


s-コハコベ.jpg  s-コハコベ2.jpg
 


「カラスノエンドウ」もよく見られます。
標準和名はヤハズエンドウですが、カラスノエンドウも聞きなれた名前です。
サヤエンドウのような可愛らしい実をつけます。
この実は草笛にして遊べるそうです。

古代オリエント地方などでは農耕作物として栽培されていたようです。

s-カラスノエンドウ (2).jpg  s-カラスノエンドウ.jpg


「スズメノエンドウ」もカラスノエンドウの近くに生えていました。
カラスノエンドウより小さいのでスズメの名を冠せられたようです。

小さい花で写真に撮るのが少し難しいです。


s-スズメノエンドウ (2).jpg  s-スズメノエンドウ (3).jpg


カンサイタンポポとセイヨウタンポポも見られます。
カンサイタンポポは少しセイヨウタンポポに押され気味な気がします。
あまりみつけられませんでした。

s-カンサイタンポポ (3).jpg  s-カンサイタンポポ (4).jpg


外側の総苞(そうほう)と呼ばれている部分がまっすぐひっついているのがカンサイタンポポ



s-セイヨウタンポポ.jpg  s-セイヨウタンポポ (2).jpg


総苞が反り返っているのがセイヨウタンポポです。



両者が交雑して生まれた中間のようなタンポポもあり、見分けるのが難しい株もあります。



ロックガーデンでもクマガイソウやヒラギソウ、シライトソウなどが開花しています。
ご来園の際は是非足を運んでみてください。


毎週金曜日に更新される「森からのたより」で見頃の植物をチェックしてみてくださいね。



s-180426カワセミ鳥 (2).jpg

カワセミくんも来てます
可愛いですね。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:44| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

森の売店 みちくさテラス”PERCH”オープンしました!

長谷池のほとりにある森の売店が
本日、リニューアルオープン!!

当園の森のカフェ&雑貨 ル・ピックと同じく弓削牧場が経営する森の売店です。

その名も、

みちくさテラス PERCH(パーチ)

“止まり木”という意味で、池のほとりでひとやすみ。
景色をゆったりと眺めながらほっこりしたひと時を。

P4213732.jpg


P4213714.jpg


軽食・デザートを中心としたメニューで
神戸の老舗フロインドリーブの食パンと弓削牧場のコラボメニューを販売します。

こちらはカマンベールトースト。

P4213728.jpg


そして、ル・ピックでおなじみの弓削牧場特製のミルクソフトが長谷池でも食べられるようになりました!

営業時間は
4月〜11月土日祝のみ、10時〜15時の開店しております。
(あじさい散策やもみじ散策期間中は平日・月木金も営業)

ウッドデッキとスロープを新設、どなたでもご利用いただける施設となりました。
売店営業日以外は休憩所としてもご利用いただけますので
気軽にお立ち寄りください。



本日は新緑のまぶしい園内で、リニューアル記念行事を行いました。

P4213690.jpg

県立神戸特別支援学校の生徒さんにもお越しいただき、スロープの渡り初めを行い、
あたたかな日差しと拍手の中で行えました。

みなさまに愛される売店・休憩所として
新しくなった森の売店をどうぞよろしくお願いいたします。


posted by 森林植物園スタッフ at 16:38| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

下を向いて歩こう!!

すっかり春の陽気となりました。

明日、21日からは「新緑つつじ・しゃくなげ散策」が始まります。
今年はシャクナゲの開花が早く、すでに見ごろを迎えているものもあります。

「森の売店」がリニューアルし、リニューアルオープンのイベントもあります。
詳しくはホームページをご覧ください。

来ていただいた方に先着50名でソフトクリームのプレゼントもありますので皆様ぜひお越しくださいね。



ツツジ・シャクナゲなど、目立つ花に目をとられがちですが、実は何気なく歩いている園路の淵にも可愛らしい花がたくさん咲いています。



まずは「ヒメオドリコソウ」
園内の様々な場所に生えています。
花がまるで踊り子が踊っているように見えますね。

s-ヒメオドリコソウ (3).jpg  s-ヒメオドリコソウ (2).jpg


s-ヒメオドリコソウ(斑入り) (2).jpg  s-ヒメオドリコソウ(斑入り) (3).jpg


かなり珍しい斑入りのものも見つけました。




次は「ホトケノザ」

パッと見はヒメオドリコソウとそっくりです。

s-ホトケノザ.jpg  s-ホトケノザ (2).jpg  


春の七草に「ホトケノザ」とありますが、これは本種のことではありません。
春の七草と言われるのは「コオニタビラコ」です。

ホトケノザは食べられませんのでご注意ください。




「ノヂシャ」もたくさん生えています。
チシャ(レタス)とは近縁ではありません。

s-ノヂシャ (5).jpg  s-ノヂシャ (2).jpg

s-ノヂシャ (4).jpg  s-ノヂシャ.jpg

しかし、食べられます。
ヨーロッパでは若葉をサラダなどにして食べるそうです。
可愛らしい花ですね。



「キュウリグサ」もよく見られます。

s-キュウリグサ.jpg

葉を揉むとキュウリのような香りがします。
別名は「タビラコ」ですが春の七草の「コオニタビラコ」とは関係ありません。





今日の写真の草たちは駐車場から展示館までの50mくらいの間で見られます。

ぜひ、木々たちだけでなく足元も少し気にしながら歩いてみてくださいね。

まだまだ園内にはたくさんの草が生えているので徐々にご紹介していこうと思います。
posted by 森林植物園スタッフ at 18:01| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

可愛い新芽

週末は暖かくなりそうですね。
朝晩はひんやりしていても、日中は優しい日差しと暖かさにほっとしますね。

春になって葉が出はじめるこのころ、
日に日に影が多くなり、こんなにたくさんの木が園内にあったのか!?と。

冬は木の葉がなくなり、一気に園内が明るくなりますが、
春は芽吹きとともに、一気に影ができて暗く感じてしまいます。

しかし、新芽を見るととってもわくわくしますね。
小さな葉っぱでも、形状は同じなのです。

みずみずしくて、美味しそうで、
新芽はいわば木の葉のあかちゃん。

これから立派に展開するのかと思うとわくわくしますね。


さて、これは?

P4183557.jpg


きれいに並んでおられます。


P4183555.jpg


こちらは、長谷池でおなじみのラクウショウ。

P4183554.jpg


近づいてみてみると、新芽をしっかり見ることができます。


ラクウショウの足元で白い花のミツガシワも咲いていますので
あわせてごらんくださいませ。


P4183550.jpg

なかなか遠く見えませんが、
意外と繊細なお花を咲かせるミツガシワです。

P4183546.jpg


posted by 森林植物園スタッフ at 14:38| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

春のロックガーデン

4月も半ばに突入し、サクラもそろそろ終わりに向かっています。


ロックガーデンで見られる顔ぶれも少しずつ変わってきました。



変わった花を咲かせているのはユキモチソウです。


s-DSCF0297.jpg


まん中の部分が白い雪のような色で、オモチのような形をしていることから「雪餅草」と名付けられています。
他にも同じ仲間の「ウラシマソウ」や「ヒトヨシテンナンショウ」も開花直近です。



まとまって咲いているのはトキワイカリソウです。

s-DSCF0300.jpg  s-DSCF0302.jpg


花の形が船の錨(イカリ)に似ていることから「錨草」と呼ばれます。



釣鐘のような可愛らしい花を咲かせているのはバイモです。


s-DSCF0305.jpg


アミガサユリの別名もあります。
編み笠に形がよく似ていますね。


シラネアオイも一輪だけ開花しています。


s-DSCF0303.jpg

白根山で発見されたことからこの名前を付けられたそうです。
アオイとつきますが、キンポウゲ科の植物です。


オオバナノエンレイソウも凛々しく咲いています。

s-DSCF0311.jpg  s-DSCF0310.jpg


エンレイソウよりも花が大きく、こちらは白色です。



カンアオイの仲間のパンダカンアオイも咲きました。

s-DSCF0306.jpg

中国原産で大きな花を咲かせるカンアオイです。
色合いがパンダに似ていることから名付けらたそうです。


s-DSCF0312.jpg  s-DSCF0313.jpg


展示館前には苗圃で育てた植物たちも彩りを添えてくれています。
こちらも併せてお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 19:00| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

三寒四温な日々

暖かくなったかと思いきや寒くなったり、気温変化の激しい今日この頃です。

今年は花粉の飛散も多いようで。

皆さま、体調を崩さないようにご注意ください。



森林植物園では早くもアズマシャクナゲが開花しています。

s-180405アズマシャクナゲしゃくなげ園 (4).jpg  s-180403アズマシャクナゲ (1).jpg
s-180405アズマシャクナゲしゃくなげ園 (1).jpg  s-180403アズマシャクナゲしゃくなげ園 (4).jpg


シャクナゲ園の奥側、ロックガーデンから上にあがったところで多く見られます。




天津の森ではハナモモ、モモが開花しています。


s-180403ハナモモ (3).jpg  s-180403ハナモモ (2).jpg
ハナモモ

s-180405モモ (2).jpg  s-180405モモ (1).jpg
モモ



同じような時期に咲く「サクラ・ウメ・モモ」の花の見分け方はご存知でしょうか?

s-サクラウメモモ.jpg
おおまかな見分け方ですので、当てはまらないこともありますが、見分けるときの参考にしてみてください。



s-ウグイス2  6,24.jpg
ウグイス


春を感じさせてくれるウグイスの声もところどころで聞こえてきます。
うまく鳴けない若鳥が鳴き方の練習をしている声も微笑ましいです。



これからも春の花々が次々と咲いていきます。
日々華やかになっていく植物園をお楽しみくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 12:06| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

赤い花々

園内で作業をしていると汗ばむくらいの陽気となりました。

本日はピンク〜赤色の花を咲かせる植物をご紹介します。

まずは、春と言えばサクラですね。
街中よりも標高の高い森林植物園ではサクラが見頃を迎えています。

s-180402マメザクラ (3).jpg  s-180402ヤエベニシダレ.jpg

マメザクラとヤエベニシダレ

s-180402ソメイヨシノさくら園 (5).jpg  s-180402 (34)エドヒガンさくら園.jpg

ソメイヨシノとエドヒガンザクラ

s-180402 (17)カンヒザクラ.jpg  s-180402 シダレザクラ共演.jpg

カンヒザクラとシダレザクラ


いずれも「さくら園」で見られます。
散ってしまう前に是非ご覧ください。



ロックガーデンは

s-180329カタクリ (2).jpg  s-180330 トキワイカリソウ?.jpg

カタクリとトキワイカリソウが見られます。
ロックガーデンでは他にも様々な春の草花をご覧いただけます。


ツツジ・シャクナゲ園では

s-180330アカヤシオ.jpg  s-180329ハヤトミツバツツジ (3).jpg

アカヤシオとハヤトミツバツツジが見られます。

ツツジ・シャクナゲ園では、今年は少し早く咲き始めているシャクナゲやツツジも楽しめます。
もう咲き始めたなんて!!と職員一同驚いています。



長谷池の周辺ではハナノキの花が見られます。

s-180329 (41)ハナノキ?.jpg

離れて見ると赤い花が木を覆うように咲いていて美しいです。


ピンクや赤の花々の愛らしい姿を見て癒されてくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:16| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

黄色の花たち

暖かい日が続き、園内の色々なところで春の花々が咲いています。

本日は春の黄色い花を紹介したいと思います。

s-180329 (45)チョウセンレンギョウ長谷池.jpg  s-180329 (38)チョウセンレンギョウ長谷池.jpg

これはメインの園路を長谷池に向かっていくと、途中で見られるチョウセンレンギョウです。


s-180329 (40)トサミズキ遠景.jpg  s-180329 (64)トサミズキ.jpg

その近くにあるのがトサミズキです。
土佐(とさ)と名前にあるように四国地方の原産です。

s-180329クロモジ (1).jpg

園内の各所でみられるクロモジです。
木材が薫り高く、爪楊枝の材料として有名です。


s-180329 (80)シナレンギョウ.jpg

天津の森にあるシナレンギョウです。
中国原産です。


s-180329サンシュユ天津 (2).jpg

サンシュユも天津の森で見られます。


s-180329 フサアカシア ブリス (2).jpg

フサアカシアはブリスベーンの森で見られます。



春はミツバチなどの昆虫が黄色を好むことから、黄色い花が多い季節です。
園内で黄色い花を見て明るい気分になってくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 19:09| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

いけそうじ

本日は滝池の清掃を行いました。


s-DSCF0120.jpg  s-DSCF0119.jpg
s-DSCF0117.jpg  s-DSCF0118.jpg

展示館の向かいにある池をご存知でしょうか?
滝があるので「滝池」と呼んでいます。


見た感じはあまり生き物の気配を感じない池ですが、カエルやアカハライモリ、カスミサンショウウオ、ヤゴなどの生き物が意外にたくさん住んでいます。

s-DSCF0131.jpg  s-DSCF0130.jpg
s-DSCF0103.jpg


ニホンアカガエルの卵も衣装ケース3個分も取れました。


s-DSCF0129.jpg  s-DSCF0128.jpg


今年は冬場が寒くて池に氷が張っている時期が長かったので、見つかった生き物は例年より少なめでした。


生き物たちは池に水を入れて、水の具合が落ち着いた頃に再び池に戻されます。


春〜初夏頃にはモリアオガエルの卵塊も見られます。
森林植物園にお立ち寄りの際には是非チェックしてみてください。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:48| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする