2016年11月01日

ポンポコ

本日は秋晴れで過ごしやすい一日となりました。


今日は園内でタヌキと出会いました。

DSCF7334.JPG


昔話などの影響でひょうきんでいたずら好きなイメージがありますが、猟師の撃った鉄砲の音に驚いて弾が当たってもいないのに気絶してしまうことから「タヌキ寝入り」という言葉があるほどに臆病な性格のようです。


DSCF7323.JPG

DSCF7338.JPG


森林植物園では思わぬところで色々な生き物と出会えて、とても楽しい気分になれます。
色づき始めた森の散策と生き物との出会いをお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 12:06 | TrackBack(0) | 生き物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

成長しています。カエルのこども。

9月になりました。
夏の暑さもひと段落、朝晩の涼しくなり秋の気配を感じます。

園内もハギの花が咲いたり、ススキの穂が上がってきたり…
「カナカナ♪」ヒグラシから、
「ガチャガチャ♪」クツワムシや「リィリィ♪」コオロギなど
鳴く虫の音が変わってきていて、より秋を感じる岡本です。

みなさんは何で秋を感じられますでしょうか?
温度?音?食べ物?

9月もいろいろと秋を感じるイベント盛りだくさんです。
HPのイベント情報もチェックしてみてくださいね。


季節の移り変わりで時間を感じるのですが、
植物や動物の成長でも時間の流れを感じます。

今年7月、園路に生まれたモリアオガエルの卵(卵塊)を保護し
展示館にて孵化したカエルさんの子どもたち。

otama (3).jpg

すくすくと大きくなってくる“おたまじゃくし”

ついに足が出てきました!!

otama (2).jpg

まだ、3~4匹というところでしょうか。
ちょろん…とついた足が何とも可愛らしいですが、
もうすぐ足になるというのが目でも確認できるくらい
大きくなってきました。

otama (4).jpg

さて、そんな彼らのごはんです。
森林植物園のカエル博士、清水カエル先生から聞いて
ホウレンソウなど野菜をあげているのですが
いったい何がお好みなのやら?

otama (1).jpg

ここにはシシトウ、キャベツ、ゴーヤを入れて観察。

人気なのがシシトウ。
個人的にも大好きなのですが…おたまじゃくしも好きなのですね。

otama (5).jpg

でも意外とゴーヤもお好きなようでして、
固い食物繊維と薄く固い表皮のみを残すくらいで
すべて食べつくしてしまいます。

ゴーヤに限らず、結構なんでも好き嫌いなく食べてますね。


このおたまじゃくしたちも足が生えて上陸したら
展示館前の滝池から園内へと旅立ってもらおうと思います。

もうしばらくは展示館にいらっしゃいますので
見てみてくださいね。



タグ:生き物
posted by 森林植物園スタッフ at 21:29 | TrackBack(0) | 生き物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

ある日のカモシカ 〜まやちゃん〜

森林植物園には森の中にひっそりと
2頭のニホンカモシカが住んでいます。

男の子と女の子。

森の奥に住んでいるので
なかなか出会うことができませんが
森林植物園ではカモシカ広場で出会えます。

女の子の名前は “まやちゃん”

とっても穏やかで優しく上品なカモシカさんです。

そんなまやちゃんは柔らかい葉っぱが大好き。

s-DSCF0960.jpg

飼育スタッフがまやちゃんにごはんをあげると、
ゆっくり近づいてきて…

今日のごはんは何かな???

っと!
いきなり、まやちゃんがある葉っぱを食べ始めました。

s-DSCF0956.jpg

もぐもぐ。

今日は大好きなブナの葉っぱだわ♪
そんな声が聞こえてきそうです。

s-DSCF0957.jpg

もぐもぐ。

図1.jpg

この日のごはんはぺろりと完食。
おなかもいっぱい。

食べたあとはウトウト。

s-ウトウト.jpg

いつもゆったりのんびりの
お上品な “まやちゃん” でした。



ちなみに、
まやちゃんは森林植物園生まれの植物園育ち。
この6月21日で24歳を迎えます。

美人のまやちゃん。

s-DSC02158.jpg

みんなでお祝いしたいですね。



21日のお誕生日もブナプレゼントを
飼育スタッフと計画している岡本でした。



posted by 森林植物園スタッフ at 13:47 | TrackBack(0) | 生き物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

あらわる!あらわる!

とっても良い天気の午前中、
少し動くと暑くて汗をかくくらいですね。

休園日と言えども園内では作業があり、
ほころびつつある新芽のように私も作業服を1枚ずつ脱いでいきました。
春を感じて自身もほころぶ岡本です。

春を待っていた植物たちも動き始めましたが、
生き物たちも動き始めていはります。


本日、あらわれました!!!

まずは、待望のあの方です。

ここのところ、子うさぎさんが生まれてから
TVで映像を紹介してもらったり、ブログにも登場したり、
何かとピックアップされているうさぎさんです。

うさヒキガエル (8).jpg

いつも可愛いうさぎさんたちが暮らす「うさぎのくに」
何と待望のあの方が園舎内に!?あらわれました。

うさヒキガエル (1).jpg

あっ!!

あぁっ!!?

うさヒキガエル (2).jpg


ヒキガエルです!!

まだ沢の池にも滝池にも卵を産みに来ていなかったもんですから
今年は出てきてくれないのかと思っていましたところ…
珍しいところからご登場されました。

しかも、また大きいんです。

うさヒキガエル (4).jpg うさヒキガエル (3).jpg

飼育担当の手に乗ってもこのサイズ。
きっとヒキガエルの主が出てきたのでしょう。

しかし、うさぎ園舎は鍵がかかっていますし、
フェンスで囲われているので…
どこから入ったんだろうか?

そして、うさぎさんたちは全くの無視。
もしくは、いつものことだと言わんばかりに
逃げたりしません。

うさヒキガエル (5).jpg うさヒキガエル (6).jpg

いつまでもうさぎ園舎の中に居てはいけませんので
沢の池に移動させてもらいました。

泥の中に隠れるようにして
潜っていったそうですよ。

うさヒキガエル (7).jpg

きっとしばらくしたら、ヒキガエルの卵がみられることと思います。
運が良ければ産卵中の姿に出会えるかも。


そして、もう一方ご登場されましたのは
先月より卵が確認されておりますニホンアカガエル。
やっとオタマジャクシとなって出てきました。

オタマジャクシ (4).jpg オタマジャクシ (5).jpg

ちょっと見にくいのですが、
黒く細長いものがおたまじゃくしです。

最初は真ん丸の黒い粒だったのですが、
日に日に形が変わっていき…やっと出てきました。

オタマジャクシ (1).jpg オタマジャクシ (2).jpg


大きさはとっても小さいので、
よくよく池を覗き込んでみてください。

オタマジャクシ (3).jpg

右がおたまじゃくし。
左がメタセコイアの葉っぱです。
葉っぱ1枚が大きく感じてしまいますね。


まだ、池の水は冷たいので
落ちないように気を付けてくださいね。

posted by 森林植物園スタッフ at 18:15| 生き物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする