2018年03月23日

いけそうじ

本日は滝池の清掃を行いました。


s-DSCF0120.jpg  s-DSCF0119.jpg
s-DSCF0117.jpg  s-DSCF0118.jpg

展示館の向かいにある池をご存知でしょうか?
滝があるので「滝池」と呼んでいます。


見た感じはあまり生き物の気配を感じない池ですが、カエルやアカハライモリ、カスミサンショウウオ、ヤゴなどの生き物が意外にたくさん住んでいます。

s-DSCF0131.jpg  s-DSCF0130.jpg
s-DSCF0103.jpg


ニホンアカガエルの卵も衣装ケース3個分も取れました。


s-DSCF0129.jpg  s-DSCF0128.jpg


今年は冬場が寒くて池に氷が張っている時期が長かったので、見つかった生き物は例年より少なめでした。


生き物たちは池に水を入れて、水の具合が落ち着いた頃に再び池に戻されます。


春〜初夏頃にはモリアオガエルの卵塊も見られます。
森林植物園にお立ち寄りの際には是非チェックしてみてください。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:48| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

早春の花

暖かくなったかと思えば、本日は肌寒い一日となりました。
まさに三寒四温ですね。
早春を感じます。


シャクナゲ園やロックガーデンではカタクリが咲き始めています。

s-180313カタクリ (2).jpg  s-180313カタクリ (1).jpg

カタクリは地上に出ている時間は短く、1ヶ月ほどです。
春が過ぎる頃には地上部は枯れてしまい、次の春まで球根の姿で過ごします。
その儚さから、ニリンソウやフクジュソウなどと同じようにスプリング・エフェメラル(春の妖精)と言われます。


また、種子をアリが散布するというのも特徴の一つです。
種子の周りにアリの好む物質が付いていて、種子を見つけたアリが巣まで運び、その物質を食べた後は巣の外に種を捨てられることにより、分布域を広げます。
種子から花を咲かせられる大きさに成長するまで7〜8年もかかるそうです。。

「片栗粉」の原料になるのも有名ですね。
とれる量が極僅かなので現在はイモなどのデンプンを利用するのがほとんどですが。

s-180315カタクリ.jpg


カタクリは太陽の出ている時しか花を開かず、雨や曇りの日は花を閉じたままです。
是非晴れた日には可憐に咲く姿をご覧ください。
posted by 森林植物園スタッフ at 19:02| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

暖かな一日

啓蟄も過ぎ、園内の様子がガラッと変わり始めました。

ロックガーデンではユキワリイチゲが見頃を迎えています。

s-180313 (1)ユキワリイチゲ.jpg  s-180313 (3)ユキワリイチゲ.jpg 


フクジュソウもたくさん咲いています


s-180313フクジュソウ (2).jpg



天津の森ではウメが咲き出しました。
3〜5部咲きといったところでしょうか。

暖かい日が続くようなので、これからどんどん花が開いていくと思います。

s-180315 (9)ウメ鹿児島紅梅.jpg  s-180315 (7)ウメ鹿児島紅梅.jpg

s-180315ウメ紅梅 (1).jpg  s-180315ウメ紅梅 (2).jpg

s-180315ウメ白梅 (1).jpg  s-180315ウメ紅梅 (4).jpg


外で作業していると少し汗ばむような陽気になっています。

昆虫たちと出会うことも増えてきました。

春の森をお楽しみくださいね。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:21| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

園内の植物たちが春を告げる

日差しも柔らかく、ぽかぽか陽気。
暖かさを感じる今日この頃です。

木と草もそこここで動き始めていて、
よく目をこらすと、あちらこちらで植物たちが春を告げています。

春を代表する植物はいろいろとありますが、
見てよし!食べてよし!の「フキ」の花をご紹介します。

P3132495.jpg

あれ!?
これは「フキノトウ」ではないですか!!

P3132494.jpg


山菜として食べられるこちらは、「フキノトウ」と呼ばれています。
でも正式な植物名はキク科フキ属の「フキ」で
その花(若い花序)を山菜では食べているのです。

葉が茂る前のあじさい園は、
暖かな日差しが差し込んできて、とっても明るいです。


開き始めたフキの花。

P3132499.jpg


こちらは…

P3132498.jpg

まだまだ、恥ずかしがり屋さんもいらっしゃるようです。

あじさい園内で咲き始めたばかりなので、
これから楽しんでいただけますね。

見てよし!食べてよし!のフキノトウですが
園内ではみんなで観察したいので、食べたりせずに、そっと見守ってくださいね。

意外なところで、フキは雌雄異株なのですよ。

こちらは、雄の花?雌の花?

P3132500.jpg


食べごろは過ぎていますので、
これから開く花を観察してみませんか?

posted by 森林植物園スタッフ at 14:50| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

動き始めてきました。

3月に入って、やっと暖かくなったと思いきや
冷たい雨が降る3月7日です。

でも、少しずつ凍てつきも緩み
植物たちも動き始めてきました。



冬のアジサイは葉っぱが落ちて枯れているように見えますが、
もう体を動かそうと、パカッ!!!と芽を出してきていますよ。

P2262009.jpg


もうすでに、小さな葉っぱをだしてきているアジサイもいます。

P2262006.jpg


枯れてるなんて言わずに、そっと近づいてみてみてくださいね。




さて、こちらは?

P2251985.jpg

とげとげがついていますね?

赤い芽鱗がきれいなこの冬芽も、
芽を出し始めています。

P2251979.jpg



これはノイバラの芽。
出たての芽もしっかり羽のような葉っぱ(奇数羽状複葉)になっていますね。


そっと近づいてみてもらいたいのですが、
ノイバラの場合はなかなかお暇させていただけませんのでご注意を!

P2251987.jpg


私もよく引き留められてしまいます。

「行かないで!」と言われているみたいですね。
ラベル:冬芽 植物 植物園
posted by 森林植物園スタッフ at 12:53| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

写真たち

3月に入り、だんだんと暖かくなってきましたね。


現在、森林展示館2階で毎年恒例となっているフォトコンテストを開催しています。
今年で6回目となります。


s-DSCF9983.jpg


美しい写真や個性的な写真372作品が展示されています。


s-DSCF9986.jpg  s-DSCF9991.jpg


4月30日(土)まで人気投票を開催していますので、お好きな写真を見つけて投票してみてくださいね。

s-DSCF9990.jpg

展示期間は3月1日(木)〜5月13日(日)までとなっています。




またKOBE PRアンバサダー フォトコンテスト 「私の好きな神戸の春夏秋冬」も同時開催しています。
外国の方が撮影した作品を展示しています。

外国の方からみた神戸はどのように映るのでしょうか。

s-DSCF9992.jpg

s-DSCF9984.jpg  s-DSCF9985.jpg


こちらは3月1日(木)〜5月7日(月)まで開催しています。


どちらも合わせてお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 13:49| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

春うらら

春の陽気を感じられる一日となりました。

暖かくて過ごしやすいですね。


今年は寒さのせいか少し開花の遅れていた植物達も花を開き始めました。



s-DSCF9967.jpg  s-DSCF9965.jpg

フクジュウソウ
一面に咲いて、、、、とまではいきませんが、美しく咲いています。
並んで咲く姿は愛らしいです。

s-DSCF9962.jpg  s-DSCF9963.jpg

ユキワリイチゲ
ロックガーデンにはたくさんの株があるのでまとまって咲く姿をみることができます。


s-DSCF9958.jpg  s-DSCF9959.jpg

セツブンソウ
やっと咲きました。
節分からほぼ1ヶ月遅れです。今年は寒い日が多かったですからね。


少しずつ賑やかになっていくロックガーデンをお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 15:42| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

ロックガーデンの花々

少しずつ暖かい日が増えてきましたね。
日差しが心地良い森林植物園です。

ロックガーデンでは春を告げる花々がぼちぼちと顔を覗かせています。

s-180222 (2).jpg

フクジュソウもだいぶ咲き出しました。


s-180222 (8)ユキワリイチゲ.jpg  s-180222 (9).jpg

ユキワリイチゲも少し開いています。
蕾がたくさんあるのでこれからが楽しみです。


s-180222 (15).jpg

バイカオウレンも次々と咲いています。


s-DSCF9950.jpg

寒さのせいで出遅れていたセツブンソウもやっと咲きそうです。


s-180222 (10).jpg

サルココッカの蕾も見られます。


これから暖かくなるにつれてどんどん花が咲いてきます。
楽しみな季節がやってきます。
posted by 森林植物園スタッフ at 17:56| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

植物近況

春来祭開催中の森林植物園です。

植物達を見ていると日々春が近づいているように感じます。


ロックガーデンではフクジュソウの蕾が顔をのぞかせています。

s-180216 (2)フクジュソウつぼみ.jpg

フクジュソウは漢字では「福寿草」と書きます。
ハッピーで素敵な感じのする名前ですね。


また、天津の森では梅の蕾が膨らんでいます。

s-180216 (20)ウメつぼみ.jpg

花が咲くのが楽しみです。



また、樹木の冬芽達もまだまだお楽しみいただけます。

s-180216 (12)カシワ葉と冬芽.jpg  s-180216 (11)ヤマコウバシ葉と冬芽.jpg

カシワの冬芽                                ヤマコウバシの冬芽

どちらも落葉せずに葉が残ったままです。


s-180216 (17)トチノキ冬芽.jpg  s-180215 (1)オオカメノキ冬芽.jpg

トチノキの冬芽                                オオカメノキの冬芽

トチノキの冬芽はぬるぬるしていて、オオカメノキの冬芽は面白い形をしています。


今しか見られない植物の冬と春の移り変わりの様子をお楽しみください。
posted by 森林植物園スタッフ at 11:55| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

早春の花

気温の低い日が続いていますね。
皆さま体調には十分にお気を付け下さい。


天津の森では寒風の吹く中、シナマンサクの花が咲いています。

s-180208 (17)シナマンサク.jpg  s-180219 (3)シナマンサク花.jpg

マンサクという名前は、早春に「まず咲く」という言葉が訛ってマンサクとなりました。
中国産なのでシナと付き、シナマンサクという和名が付けられています。

s-180219 (4)シナマンサク花.jpg  s-180219 (6)シナマンサク花.jpg

黄色く細長いリボンのようなものが花弁です。
花には香りがあります。

マンサクと違い、シナマンサクは花の時期にも葉が残っていることがあります。


まだまだ寒いですが、春はもうそこまで来ているのかもしれませんね。
posted by 森林植物園スタッフ at 11:37| 本日の森林植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする